行動の背景を考える① 〜平等と公平は何が違う〜

公開日 :

「障害理解」というテーマで企業のD&I(DE&I,DEI&B,I&Dと企業によって捉え方や範囲がさまざまですが「ダイバーシティ領域」とご理解ください)研修に携わらせていただくことがあります。

障害のある方々が能力を発揮して可能性を広げられるように、指導や支援に関わる方々に「関わり方・仕事の教え方」の前提として知っておくべきことをお伝えしています。

障害があろうがなかろうが、みな等しく接してもらうのが1番いいのですが、みなが等しく付き合う「平等」がすなわち「公平」ではないことが少し理解を要するところです。

平等と公平の違いをうまく表した有名なイラストがあります

引用:「日本セクシャルマイノリティ協会」さま

左は「Equality=平等」、右は「Equity=公平」です

左は、背の高い人も、背の低い人も、1つずつ”平等”に箱を用意されています。

結果として、背の低い人は野球観戦ができず、いじけているような後ろ姿に見えます。

右は、背の低い人には1つ、もしくは2つ、の箱を用意し、皆が同じ目の高さで野球を観戦できています。

これが「平等」と「公平」の違いです。非常にわかりやすいですよね。

DE&Iが何を示すか、この記事を読んでくださるような方々には釈迦に説法ですが、

D(Diversity) E(Eqyity) I(Inclusion) (ちなみにB(Blonging)を加えている企業もありますね)

Eは「公平」なんですよね。「平等」ではなく「公平」というの結構深いです。

上記のイラストの大きな違いですが、1番右の人が何に困っているのかをまずは周囲が把握しているかしていないかという部分だと感じます(イラストが本来意図しているところとは違うかもですが)。

「平等に接する」という考え自体はとても大切ですし必要なのですが、画一的な対応は状況の凸凹をより立体的に表現することにもなります。

つまり誤解を恐れず言うと、「平等」とは相手の立場や背景を理解しなくても一方的に定義づけることができるのです。

これはマジョリティから見た「平等」とも言えるのではないでしょうか。

一方で「公平」というのは、「その人が何に困っていて、何に困難さを抱えているか」という状況把握から始まります。

そして、周囲との差分を埋める手立てを提供することで、凸凹をならしていくのです。

マイノリティの立場に立って理解することが前提としてあるように感じます。

さて今回のブログの大テーマは「行動の背景を考える」でした。

平等と公平について語ることは、本テーマに関係ないように思えるかもしれませんが、実は大いに関係してきます。

つづきはまた今度。。。

Leo Management Supprtのお問い合わせと無料資料ダウンロードとメルマガ登録

お問い合わせ

Contact

サービスに関するご質問やご依頼はお問い合わせから。3営業日以内に返信させて頂きます。

無料資料ダウンロード

Download

企業様向けお得情報や 教育サービスについて詳しく知りたい方は こちらから資料をダウンロード頂けます。